1月21日(月)に「日経BP記事検索サービス」利用にあたり、短時間で大量の記事がダウンロード(PDF表示)されたと警告され、一時的に本学からの利用が出来なくなりました。

「日経BP記事検索サービス」は、契約により年間のダウンロード可能な記事本数が決められています。上限を超えると、以後大学全体から利用ができなくなり、研究教育活動に支障をきたすことになりますので、必要な記事のみをダウンロードするようお願いします。

つきましては、利用者の皆様には、下記「電子ジャーナル利用上の注意点」を遵守していただきますようお願いします。

電子ジャーナル利用上の注意点

電子ジャーナルの利用は、九州産業大学の教職員、学生等に制限されており、学内にある端末から
の利用に限定されています。

電子ジャーナルでは、以下の事項は禁止されています。絶対におやめ下さい。

・個人利用の範囲を超えた大量のダウンロード
 ※ 特に、短期間の大量のダウンロードや、プログラム等を利用した自動的な
ダウンロード
  は厳禁

・研究・教育以外でのダウンロード、コピー、保存、プリントアウト

・複製、データの改編、再配布、転売など

  違反があった場合、大学全体の利用が停止される恐れがあります。

  ご理解とご協力をお願いします。